メッセージ

「I am LOSA」を合言葉に!

取締役最高顧問 杏中 保夫(あんなか・やすお)

私たちLOSAグループの夢、それは、世界で超高齢社会の先頭を走る日本において、「LOSA社会」を実現することにより、素晴らしい成熟社会としていくことです。
ご縁のあるすべての方々に、美しく心豊かなLOSAライフを送っていただきたいと願い、「美と健康」を通じて「スマートエイジング(美しく知的に年齢を重ねる)」を実現するための思いを込めた商品とサービス、そしてLOSA(Life-styles Of Smart Aging)の提案をさせていただいております。
さらに、LOSAグループは、従来の「対面販売」による「美と健康」のお手伝いをする事業に加えて、2014年にお客さまの立場に立ちきった金融サービス事業として、株式会社LOSAフィナンシャルサービスをスタートしました。「人生100年時代」、この日本に真の「投資文化」が根付くことが喫緊の課題だと思います。

私たちLOSAグループに関わる「人」全員が、「三大不安を三つの大きな喜びに」を信条に、心から「お客さまの幸せ」を願って日々精進しております。そして、「I am LOSA」を合言葉とし、自らの責任と覚悟をもってLOSA社会の実現を目指し、超高齢社会を理想の成熟社会としていくために、グループ一丸となって日々研鑽、努力してまいります。


株式会社LOSAフィナンシャルサービス代表取締役社長<br />
野口 猛

私たちLOSAフィナンシャルサービスは、LOSAグループにおいて、金融サービス事業をおこなうために設立いたしました。この事業では、従来の金融機関や証券会社では十分にその役割を発揮することができなかった「個人のお客さまの立場に立ち切った本物のサービス」の実現を目指し、お客さまが抱える三つの不安のうち「経済不安」を払拭するために、最適な商品とサービスを提供してまいります。
そして、「人生100年時代」、ご縁のあるすべての方々の着実な資産形成をサポートし、安心で豊かなLOSAライフを送っていただくために、誠心誠意努力してまいります。

※「スマートエイジング」「Smart Aging」は登録商標です。


LOHASとLOSA

私たち人類社会は、地球環境問題と高齢化問題という二つの大きな課題に直面しています。
大量の化石燃料の消費による大量生産、大量消費で先進工業国は便利さや豊かさを手に入れました。しかし、一方で深刻な環境汚染、地球温暖化によって複雑な環境問題に直面し、世界各国が協力する国際的な取り組みも始まっています。最近では2015年12月にCOP21と呼ばれる第21回国連気候変動枠組み条約締約国会議のパリ協定で、温暖化防止のために日米欧などの先進国に加え、中国インドなどの新興国や途上国を含む196か国・地域が参加する歴史的な合意がされたのも、その具体的事例です。このような状況のもとで、地球環境問題に危機意識を持った人たちを中心として、健康と環境、持続可能な社会生活を心掛けるライフスタイルとして、LOHAS(Life-styles Of Health And Sustainability)が1990年代に世界最大の「課題先進国」アメリカで提唱されました。
一方、今後世界の高齢化は急速に進展してまいりますが、日本をはじめとして先進国の一部では、65歳以上の人口の割合である「高齢化率」が、すでに国連の基準で21%を超えて「超高齢社会」となっています。特に日本は65歳以上の方が、2016年には27%と3400万人を超えて、世界で最も高い「高齢化率」を示しているのです。
今まさに100年ライフの時代を迎え、「健康で長寿、センテナリアンを願う」私たちLOSAグループは、これこそ「課題先進国」の日本が果たすべき役割だと考え、LOSA(Life-styles Of Smart Aging)という「美しく健康で、そしてスマート(知的・洗練)に年を重ねる喜びと楽しさに満ち溢れた、理想のライフスタイル」を提唱したのです。