代表・役員挨拶
  1. TOP
  2. 企業情報
  3. 代表・役員挨拶

代表・役員挨拶

代表取締役会長 兼 社長 木村 町子

Health & Wealth through LOSA 株式会社LOSA
代表取締役会長 兼 社長
木村 町子

100年ライフの時代が到来し、いつまでも学び、成長し続ける人生を過ごすことができるのはとても素晴らしいことですが、一方、世界で一番高齢化が進む我が国は、解決すべき多くの問題、課題を抱えているのも現実です。増え続ける生活習慣病、認知症、介護問題などの「健康不安」、核家族化や地域コミュニティの崩壊による「孤独不安」、財政収支の赤字増大、景気の悪化による「経済不安」の三つの不安を感じられている方がたくさんいらっしゃいます。
加えて新型コロナウイルスの出現により私たちの生活は一変し、三つの不安はさらに大きく切迫したものになってきています。
私たちLOSAグループは常にお客さまに寄り添い、健康(Health)寿命とともに、資産(Wealth)寿命を延ばし、たくさんの仲間と共に幸せで豊かな100年ライフを過ごしていただきたいと誠心誠意、日々活動しています。一切の妥協を許さない自然素材にこだわり、結果を出すことを追求した製品づくりはもちろんのこと、免疫力を高めるための健康食品や健康器具をお客さまお一人おひとりの状態に応じて適切に提供させていただいています。そして、オンラインによる全国各地のお客さま、LOSAライフコンシェルジュの皆さまとのコミュニケーションはコロナ禍以前より、より緻密にそして身近なものになっています。また2014年に設立したグループ会社 株式会社LOSAフィナンシャルサービスは投資の大原則である「長期」「積立」「分散」「低コスト」を貫き、皆さまの財産を守り、資産づくりを応援し続けています。
困難な時にこそLOSAの役割の大きさを実感いたします。老・壮・少の各世代の方々が学び合い、励まし合い、助け合う、互譲互助の明るく心豊かな社会づくりを目指して、私たちLOSAグループは前進してまいります。

株式会社LOSA取締役最高顧問 株式会社LOSAフィナンシャルサービス取締役会長 杏中 保夫

「I am LOSA」を合言葉に! 株式会社LOSA
取締役最高顧問
株式会社LOSAフィナンシャルサービス
取締役会長
杏中 保夫

1946年岡山県生まれ。1994年野村證券常務取締役を経て、三洋証券の専務取締役として経営立て直しに当たる。1996年公文教育研究会に入社、翌年社長になり世界中にKUMONブランドを定着させる。2007年退社。2012年株式会社LOSA取締役最高顧問に就任。2014年株式会社LOSAフィナンシャルサービス取締役会長に就任。現在に至る。

私たちLOSAグループの夢、それは、世界で超高齢社会の先頭を走る日本において、「LOSA社会」を実現することにより、素晴らしい成熟社会としていくことです。
ご縁のあるすべての方々に、美しく心豊かなLOSAライフを送っていただきたいと願い、「美と健康」を通じて「スマートエイジング(美しく知的に年齢を重ねる)」を実現するための思いを込めた商品とサービス、そしてLOSA(Life-styles Of Smart Aging)の提案をさせていただいております。
さらに、LOSAグループは、従来の「対面販売」による「美と健康」のお手伝いをする事業に加えて、2014年にお客さまの立場に立ち切った金融サービス事業として、株式会社LOSAフィナンシャルサービスをスタートしました。「人生100年時代」、皆さまの「経済的自立」を応援し、結果としてこの日本に真の「投資文化」を醸成していくことが喫緊の課題だと思います。

私たちLOSAグループに関わる「人」全員が、「三大不安を三つの大きな喜びに」を信条に、心から「お客さまの幸せ」を願って日々精進しております。そして、「I am LOSA」を合言葉とし、自らの責任と覚悟をもってLOSA社会の実現を目指し、超高齢社会を理想の社会としていくために、グループ一丸となって日々研鑽、努力してまいります。

株式会社LOSAフィナンシャルサービス 代表取締役社長 野口 猛

株式会社LOSAフィナンシャルサービス
代表取締役社長
野口 猛

私たちLOSAフィナンシャルサービスは、LOSAグループにおいて、IFA事業をおこなうために設立いたしました。この事業では、従来の金融機関や証券会社では十分にその役割を発揮することができなかった「個人のお客さまの立場に立ち切った本物のサービス」の実現を目指し、お客さまが抱える三つの不安のうち「経済不安」を払拭するために、最適な商品とサービスを提供してまいります。
そして、どのような時でもお客さまにそっと寄り添うメンターとして、お客さまお一人おひとりの豊かな100年ライフ実現のために、誠心誠意サポートしてまいります。